イソフラボンイメージ

イソフラボンの魅力を語る

イソフラボンといえば、何を思い浮かべるかというと、女性向けの何か、体にいいものだった気がするけど、具体的にはなんだったかしら、と思われる方が多いのではないでしょうか。
私も、その程度の認識しかありませんでした。
少し調べてみると、イソフラボンは、近年、女性ホルモンの「エストロゲン」と似た化学構造を持つとして注目をあびました。
元々は大豆に含まれる、酸化現象を抑えてくれる物質の一つです。
では、そもそもエストロゲンがなにかというと、不足することで女性の体に様々な影響を及ぼすホルモンです。
エストロゲンが十分あると、お肌のトラブルがなく、生理周期も安定し、いわゆる更年期障害を防止してくれます。
もし、不足すると反対に、イライラ怒りっぽくなる、女性らしい体でなくなってしまう、など、これらだけでも女性に不可欠なホルモンであることがわかりました。
では、イソフラボンは、どんなものから摂取することができるかというと、多く含まれるものとして、有名なのが納豆、煮豆、豆腐。
元々大豆に含まれているだけあって、豆類にたくさん入っています。
珍しいものとしては、ハーブのレッドクローバーなどがあります。
私たちが日常生活で接種しようとすれば、豆類が一番手に入りやすいです。
また、最近の研究では、単品でとるよりも他のものと一緒にとることの相乗効果にも注目されています。
たとえば、カルシウムと一緒にとれば骨粗しょう症、青魚やきのこなどの食物繊維と一緒だと、悪玉コレステロールを下げてくれます。
肉や魚などのタンパク質と一緒にとると肌を美しくしてくれます。
これだけ読んでも、私はイソフラボンをとることの大事さをすごく感じました。
私は今イソフラボンが入っている化粧水とサプリをとっています。
毎日化粧水は使っていますが、何も入ってない化粧水と比べると、肌がなめらかでしっとりしているのがわかります。
サプリでもとっているので、体の内部からの相乗効果なのかもしれません。
今まで乾燥に悩まされていたのですが、冬の季節でも手足ががさがさしたり、ひどい時は粉を吹いていたのが、すっかり改善されました。
サプリだけでは、足りないかもしれないので、豆類も積極的に食べるようにしています。
空腹時には少量の水と一緒に大豆を食べると、おなかの中で膨らむようで、ダイエットにもなっていると思います。
これからも肌のために、積極的に接種する生活を続けていこうと思います。

Copyright(C) 2010 ダイズの効果.com All Rights Reserved.